明暗を分ける債務整理【借金の支払いを法的に免除】

借金を解決する手続き

男性

借金を減らす方法がある

借金をしている人は、債務整理という言葉を聞いたことがあるかも知れません。債務整理は大きく分類して、4種類に分けることができます。最も耳にしたことがある手続きは自己破産ではないかと推測できますが、個人再生や任意整理、特定調停の方法も行えます。債務整理は借金が膨らんだときに、返済に追われて、人生を送ることが苦しくなっている状態を改善することが目的です。いずれかの手続きを行うことで、自殺や夜逃げをしなくても生活を送れます。手続きを成立させるためには交渉をしたり、専門的な書類を裁判所に提出しなければならないケースもあります。債務者1人だけでは難しいと言えますので、専門家の弁護士に相談すると良いでしょう。複数存在する債務整理の方法の中で、利用者が多いのが任意整理です。自己破産は財産を処分するリスクを伴いますが、任意整理ならば車や住居を保有したまま、借金の返済計画を見直すことが可能です。任意整理は自己破産とは異なり、借金の全てを帳消しにする手続きではなく、減額する交渉を行う方法です。そのために借金自体は残りますので、返済するための収入を得ていることが成立の条件になります。同じように個人再生も借金額を減らす方法なので、返済能力を有しているかが問われます。全く収入が無い人や、返済していくために十分な収入があると判断されない人の場合には、自己破産を選ぶしかありません。自己破産は裁判所に申立てを行うことで、免責許可を受けて、背負っている債務の全てを帳消しにする手続きです。返済義務が無くなりますので、支払いを行う必要がなくなり、苦しい借金生活を終えることができます。

Copyright© 2018 明暗を分ける債務整理【借金の支払いを法的に免除】 All Rights Reserved.