明暗を分ける債務整理【借金の支払いを法的に免除】

自己破産以外も選べます

相談

複数の手続きがある

消費者金融などからの借り入れが増えると、債務がかさんでしまい返済が困難になります。借金で苦しんでいるときには自己破産をするしかないと考えがちですが、専門家に相談することで他の債務整理を利用する解決方法も見つかります。借金で生じた問題を解決する債務整理は1種類ではなく、何種類もあります。自己破産以外の主な手続きは任意整理で、近年多くの人が利用しています。任意整理の場合には、金融業者からの借り入れが本来支払うべき利息よりも多く支払っている人が適用の対象になります。多く支払い過ぎているお金のことを過払い金と言いますが、過払い金は法律で認められている利率よりも高い金利で支払ったときに発生します。正確な借金額を調べることで、本来の債務を確認して支払う金額を減らす交渉を行う方法です。自己破産は裁判所を経由する手続きですが、任意整理は裁判所を通さない手続きです。直接的に金融業者と交渉する能力が必要で、借金額を減額するための和解を締結します。その他にも個人再生や過払い金の返還請求などの方法を選択して、抱えている借金問題を解決することも可能です。個人再生も自己破産と同じように裁判所を通す手続きで、返済計画を提出することで減額を認めてもらう方法です。裁判所の認可を受けることで、最大10分の1程度に借金額を減らせます。専門家に依頼することで手続きを代行してもらえますし、支払いができる程度に借金額を減らすことで、今までよりも楽な生活を送れます。通常の日常生活を送れるように再スタートができることが債務整理の目的ですので、専門家と話し合って自分に適した方法を見つけることが重要です。

Copyright© 2018 明暗を分ける債務整理【借金の支払いを法的に免除】 All Rights Reserved.