債務の整理をぷ【減額や返済計画を立て直す手続き】

弁護士の選び方

相談

債務整理に強い弁護士を選ぶ方法として、ホームページを確認します。債務整理にいて特集しているページやこれまでの相談実績件数、相談者の声などアピールしていれば得意としている事務所であると判断できます。また、初回無料相談ができるかもチェックポイントです。

詳しく見る

借金問題について

ジャッジガベル

キャッシングやカードローンは便利なサービスですが、計画的に利用しないと多重債務状態に陥ってしまうリスクがあります。借金問題で悩んでいるのであれば、債務整理の実績が豊富な弁護士に相談してみることをお勧めします。

詳しく見る

専門家に依頼するなら

天秤

借金の返済が難しくなった場合は債務整理も検討してみたいところです。手続きは弁護士などプロに依頼することも多いですが、費用のことで悩む人は少なくありません。相談は無料対応してくれることも多いので、まずは気軽に相談してみましょう。

詳しく見る

自己破産以外も選べます

相談

金融業者から借金をすると、返済が難しくなる場合があります。自己破産の他にも解決方法はあり、任意整理や個人再生を選択して解決することも可能です。債務整理は1種類だけではないので、専門家と十分に話し合って、自分に適した方法を選びましょう。

詳しく見る

借金を解決する手続き

男性

債務整理は主に4種類の手続きがあって、破産しなくても良い人もいます。返済能力を有している人ならば、正しい借金額を計算して債務を減らしたり、裁判所を経由して借金を減額してもらえます。収入があまり無い人は、自己破産をするしかありません。

詳しく見る

借金問題を法的に解決

弁護士

手続きは大きく4種類

借金問題を法的に解決する方法を債務整理といいます。債務整理と聞くと自己破産を思い浮かべる人も多いですが、自己破産以外にも任意整理や特定調停、個人再生といった様々な方法があります。任意整理とは、裁判所を介せずに債務者と債権者が話し合いに基づいて和解を進めていく方法です。そこに弁護士が介入することで債務者本人の代わりに借金減額の手続きをすべて行ってくれます。個人再生は、住宅ローンを除く借金が5000万円以下の人ができる手続きで、借金の20%を3年以内に完済すると残りの支払いが免除される手続きです。しかし、本人名義の財産を一部処分しなければなりませんが、住宅など生活に必要なものは残したまま手続きをすることができます。特定調停は、債務者と債権者との間に裁判所が入ってくれて減額や返済計画を立て直す手続きです。専門家が入らないので、格安な費用で手続きができますが文書の作成や裁判所の出廷も自分で行わなければならなくなります。自己破産は、所有している住宅や車等の財産を処分しても返済の目途が到底立たない、支払い不能であることを裁判所に認めてもらうことで借金の支払いを全額法的に免除される手続きです。いずれの債務整理の手続きも借金が減額されたり免除されるメリットはありますが、信用情報機関には5年〜10年事故情報が登録されるといったデメリットもあります。弁護士に依頼する際はどういったデメリットが存在するか、どの債務整理が一番いいのかを詳しく説明してもらうことです。

Copyright© 2018 債務の整理をぷ【減額や返済計画を立て直す手続き】 All Rights Reserved.